ZFSインストール

  • メディアの用意
    FreeBSD-10.1-RELEASE-amd64-memstick.img を
    Win32DiskImager でメモリースティックに書き込み起動用とする
  • install から disk の場面で shell ディスクレイアウトを手動で決める
    #  csh
    #------#install からでなく 初めから shell で入ったら
    #  kbdmap  #キーボード設定
    
    gpart create -s GPT ada0
    gpart add -t freebsd-boot -s 512K -l boot0 ada0
    #ATFのHDDなら  -a 4k オプションで
    # gpart add -a 4k -t freebsd-boot -s 512K -l boot0 ada0
    
    #ATFのHDDなら2つ目は -b 2048 で 始めよう
    gpart add -t freebsd-swap -b 2048 -s 2G -l swap0 ada0
    
    gpart add -t freebsd-swap -s 2G -l swap0 ada0       #---SWAP用
    gpart add -t freebsd-zfs  -s 1T -l zfs00 ada0       #---これは必須
    gpart add -t freebsd-zfs  -s 1T -l zfs01 ada0       #---小分けした方が色々試せる
    gpart add -t freebsd-zfs  -s 700G -l zfs02 ada0     #---小分けした方が色々試せる
    gpart add -t freebsd-ufs  -i 9 -l ufs0 ada0        #---UFSでブート出来るメンテ用を
    
    gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptzfsboot -i 1 ada0
    
  • zpool作成
    zpool create -R /mnt -m none zroot ada0p3
    
    
    #  ZFSで一番初めのパーテーションにあるプール(ブートに使用)はキャッシュ不要なので
    #  すごく苦心したキャッシュファイルの手順も不要
    #  ----------以下不要---------
    #  mount -t tmpfs tmpfs /boot/zfs
    #  zpool create -R /mnt -o cachefile='' zroot ada0p3
    #  -R で altroot すると{ -o cachefile=none }が設定されてしまうので
    #  -o cachefile='' でデフォルト位置にキャッシュを作成
  • zfsデータセット作成
    zfs create -o mountpoint=/ zroot/ROOT
    #  zfs create zroot/ROOT/ports
    #  zfs create zroot/ROOT/src
    
    zpool set bootfs=zroot/ROOT zroot
    
    #  --以下もキャッシュファイル不要なので--------- 
    #  mkdir /mnt/boot
    #  cp -Rp /boot/zfs  /mnt/boot/
    #  --ここまで不要-------------------------------
    
    exit
    exit #インストーラの続きへ
    
    #------#初めに install からでなく shell で入った場合は
    #   tar -xvzf /usr/freebsd-dist/base.txz -C /mnt
    #   tar -xvzf /usr/freebsd-dist/kernel.txz -C /mnt
    #   echo 'zfs_load="YES"' >> /mnt/boot/loader.conf
    #   echo 'zfs_enable="YES"' >> /mnt/etc/rc.conf
    #   zfs snapshot -r zroot@00
    # 再起動後に
    #   bsdconfig
    #   zfs snapshot -r zroot@01
  • インストール後の通常の設定をする
  • インストール最終 shellで
    csh
    
    echo 'zfs_load="YES"' >> /boot/loader.conf
    echo 'zfs_enable="YES"' >> /etc/rc.conf
    
    zfs snapshot -r zroot@00
  • 再起動後
    fstab
    /etc/fstab
    # Device        Mountpoint      FStype  Options Dump    Pass#
    /dev/ada0p2     none            swap    sw      0       0
     
    sshd
    inetd
    ntp.conf等...

FreeBSD


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-30 (木) 17:07:24 (1984d)