エラーメッセージと対処

ZENNOコムからのサーバーエラーメッセージ

こちらにも詳しく説明があります。サーバーについてのあれこれ

受信できない(user is over quota)

件名:failure notice

Hi. This is the qmail-send program at mail9.zenno.net.
I'm afraid I wasn't able to deliver your message to the following addresses.
This is a permanent error; I've given up. Sorry it didn't work out.

<user@sky.707.to>:
user is over quota

Below this line is a copy of the message.

【対処】
このエラーメッセージは送信者へ送られています。送られたメールは送信者へ戻されていて、受信者のメールサーバーへは届いていません。メールを送ってもらったこともわかりませんので、送信者から「届いてない」と言われて気づくことがあります。*1
このように「user is over quota」と言う文が含まれている場合、規定される容量(フリーの場合5MB)をオーバーしています。容量をオーバーしてしまった原因はサーバーに受信済みメールが溜まっている事にあります。

使用しているメールソフトの設定で「サーバーに受信メールを残す」という意味の項目があると思いますので、この項目のチェックを外し(または意味によってはチェックを入れ)て再度受信すると、受信済みのメールが削除されます。その後はサーバーに残さない設定で使われると容量オーバーにはなりません。

設定方法は [ (ここにメールソフト名) サーバ 残さない] などで検索しても出てきます(キーワードはいくらか工夫する必要があるかもしれません)

受信できない【・ エラー・ このアドレスは削除されています】(データエラー・パスワードデータが異常です)

【対処】
フリーメールサービス利用規約にあるように「2ヶ月間以上本サービスを利用されない会員の登録は抹消されます。」 サービスが利用されているかは、メールソフトが新着メールがないかを確かめたときサーバに残る記録を元に判断しているようです*2
パスワードの確認で「データエラー・パスワードデータが異常です」と出ればアカウントが失効したと考えていいでしょう。
メールはこちらからどうぞ:ZENNOコム送信フォーム

救済処置について

パソコンが壊れた時や何らかの原因でインターネットに繋がらなくなってし
まい2ヶ月以上の受信が出来なくて利用しているメールアドレスが失効になっ
てしまった場合について、ZENNOコムは救済処置を用意しています。しかし、
救済処置を使うにあたっての条件があり、それは「有料オプションを利用す
る事」でこれを条件にアカウント復活を受け付けています。救済処置を申請
する場合はZENNOコムに下記の内容をメールで送ってください。

お名前
御利用のメールアドレス
パスワード
連絡先メールアドレス
入金予定 
※救済処置で復活したアドレスについて、契約期間終了後、更新されない場
合は削除されます。
※どのような理由にしても救済処置内容は変わりません。

また、救済されるのはメールアドレスのみです。一度、失効してしまったメ
ールアドレスのメールボックスは初期化されてしまうため、失効前に見てな
いメールの復活は不可能です。
一応、バックアップはありますが膨大なデーターを復元して目的のメール
ボックスのデータを取り出すには大量の時間と大変高額な作業費が必要に
なってしまいます。どうしても復元して欲しいと言う場合は上記の事を覚
悟の上、ZENNOコムへメールで相談してください。

送信できない(sorry, that domain isn't in my list of allowed rcpthosts)

英文の意味:「そのドメインは認められた受信ホストのリストにはありません」
このエラーはリレー許可の権限のない方がそのサーバー以外のドメインに対してのメールを送ってきたときのエラーです。つまり SMTP認証によりリレー許可の権限を得るか、POP before SMTP の要件を満たす必要があります。
メールソフトの設定を変更してSMTP認証するか、そのままの設定で送信する場合は受信操作の後10分〜20分以内に送信するようにしてください。(POP before SMTPの意味は用語解説ページにあります)

送信できない(sorry, your domain isn't in my list of allowed senderhosts)

送信者の電子メール アドレスが拒否されたため、メッセージを送信できませんでした。 送信者の電子メール アドレス : user@sky.707.to 件名 '****', アカウント : 'sky.707.to', サーバー : 'sky.117.to', プロトコル : SMTP, サーバーの応答 : '552 sorry, your domain isn't in my list of allowed senderhosts (#5.7.1)', ポート : 587, セキュリティ (SSL): なし, サーバー エラー : 552, エラー番号 : 0x800CCC78

英文の意味:「あなたのドメインは認められた送信ホストのリストにはありません」
メーラーの設定箇所に於いてメールアドレスを間違って入力している時のメッセージです。
このエラーをZENNOコムのサーバーが出す場合の原因は送信者メールアドレスを間違っていて、設定されたFROMがそのサーバー内のドメインで無い場合です。

送信できない(syntax error)

受信者の 1 人がサーバーによって拒否されたため、メッセージを送信できませんでした。 拒否された電子メール アドレス : アドレス件名 '*****', アカウント : 'sky.707.to', サーバー : 'sky.707.to', プロトコル : SMTP, サーバーの応答 : '555 syntax error (#5.5.4)', ポート : 25, セキュリティ (SSL): なし, サーバー エラー : 555, エラー番号 : 0x800CCC79

【対処】
一度に11人以上に送信している場合のエラーメッセージです。10人以下にして送信してください。

送信できない(The Postfix program)

This is the Postfix program at hostZENNOサーバー

I'm sorry to have to inform you that your message could not
be delivered to one or more recipients. It's attached below.

For further assistance, please send mail to <postmaster>

If you do so, please include this problem report. You can
delete your own text from the attached returned message.

The Postfix program

<送信先メールアドレス>: connect to 送信先サーバー:
server dropped connection without sending the initial SMTP greeting

【対処】
「The Postfix program」以下の英文メッセージの文言によって原因がいくつか分けられます。
送信先メールアドレスを間違った場合、送信したメールが大きすぎた場合、送信先のメールボックスが容量超過のために受信できない、送信側か送信先のホストに障害が発生している、などあります。
上記の英文の意味は「送信先のメールサーバに接続しましたが、グリーティングが届く前に切断されました。」という意味です。何故切断されたかまではわかりません。特殊な場合、送信先サーバーがZENNOメールをスパムメールと認識している可能性があります。可能ならば、相手の方にサーバーに問い合わせてみていただくようお伝えください。送信先サーバーの対応が良ければセキュリティを緩めて貰えます。

他の原因も考えられますので、エラーメッセージ全文をZENNOコムへ送ってください。なお、届かなかった原因が判明するまで、同じアドレスに何度も送信することは控えてください。


*1 自分のプロバイダーアドレスからZENNOコムのアドレス宛にある程度の長さのメールを実験的に送信することにより、エラーメッセージがプロバイダーアドレスへ戻って来ます。「テスト」という程度の本文では受信できてしまうこともあるので他のメールのコピーくらいの長さが必要です。このテストにより気づくことも出来ます。
*2 未確認メール保持期限もあり、定期的なメール確認が必要です。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-23 (月) 18:10:02 (3962d)