UEFIについて

  • EFI用パーテーション作成
    • EFIパーテーションはどこに作っても良い。zpoolでミラーの為の複数DISKがあっても一箇所の方が起動の優先順位がややこしくならなくて良い
    • EFIパーテーションには /boot/boot1.efifat をインストールする。
      gpart create -s gpt "ada0"
      gpart add -a 4k -l efiboot0 -t efi -s 800k "ada0"
      gpart bootcode -p "/boot/boot1.efifat" -i 1 "ada0"
  • boot切替えについて
    • GPTの[bootme][bootonce]は無視される
      起動された efi のあるドライブのZFS⇒UFS⇒次のドライブの順に検索
      ZFSではデフォルトの bootfs と同じ階層で /boot/loader.efi を検索
      ブートメニューの7.で選択起動可能 montpointの設定にかかわらず / マウントされる
      UFSはパーテーション順に /boot/loader.efi を検索
  • ZFSで起動切替え
    ルートファイルシステムでもmountpoint=noneまたは /mnt にしておくべき
    誤って2重にマウントした時点でクラッシュするのを防ぐ為
    zfs set canmount=noauto にすれば mountpoint=/ のままでもOK
    
    起動させたい側
    zpool import -fN sroot
    zpool set bootfs=sroot/ROOT sroot
    
    起動させたくない側
    zpool import -fN zroot
    zpool set bootfs=  zroot
    
    確認 zpool get bootfs
  • ZFSのbootfsに設定したファイルシステムと同じ階層にある別のファイルシステムはブートメニューの「7」で切り替え可能
  • UFSの場合
    EFIのあるディスクにZFSがある場合上記の起動させない状態にする
     
    起動させたくない側
    boot1.efiに検索されないようにして起動させない
    mv /boot/loader.efi /boot/loader.efi.bak
    
    起動出来るように戻す
    mv /boot/loader.efi.bak /boot/loader.efi

FreeBSD

FreeBSD/インストール10.3(UEFI)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-18 (水) 12:06:13 (671d)