インストール用メモリスティック準備

  • 8.Xはちょっとおかしい9.Xは問題ない
  • FreeBSD-9.3-RELEASE-amd64-memstick.img を Win32DiskImager?-0.9.5-install でメモリスティック1に書きこむ
  • 別途、通常起動するメモリスティック2も作成する。リモートでログインしてメンテナンスなどが容易になる。LiveDisk?より便利。

インストール時のあれこれ

  • FreeBSD が起動する10 秒間のタイマーを停止するには、Space を押す
  • 画面に表示される文字列のバッファを再表示するには、Scroll Lock キーを押し画面をスクロールできる PageUp?PageDown? を使う。
  • patchの作成  diff -urN 変更前/ 変更後/ > patch
  • インストールオプション
    • インストール時UTCの設問は迷わずYESでUTCにオプション
    • baseシステム以外何も無し
    • KeyJapan106
    • ユーザー設定
    • ネットワークの設定

メモリスティック2 より起動して GTP設定をする

  • 01_dump , P4_01_dump

src を後から置く

fetch ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/amd64/amd64/9.3-RELEASE/src.txz
tar -C / -xvzf src.txz

freebsd-update

freebsd-update fetch
freebsd-update install

FreeBSD 9.3-RELEASE-p13 (20150316)

portsの準備

portsnap fetch
portsnap extract
portsnap fetch update

pkgとportmaster

pkg
echo 'WITH_PKGNG=yes' >> /etc/make.conf
pkg2ng
pkg install portmaster

pkg search *****
  • 02_dump
  • 03_dump

FreeBSD


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-03 (日) 21:13:27 (2358d)