7.2R-RELEASE 以降のboot0に不具合有り

boot0cfg -s2 ad4 などで次回起動時のスライスが変更できない。
但し、Windowsなどでそのスライスが active で無くても起動可能なOSへは切り替え可能。

                      +--------------------------------+
                      |            キー入力            |
           +----------+----------+----------+----------+
           |  option  |   無し   |  F1・F2  |  Enter   |
+----------+----------+----------+----------+----------+
|          |  update  |    ○    |    ○    |    ○    |
| 7.1R以前 +----------+----------+----------+----------+
|          | noupdate |    ×    |    ×    |    ×    |
+----------+----------+----------+----------+----------+
|          |  update  |    ×    |    ○    |    ×    |
| 7.2R以降 +----------+----------+----------+----------+
|          | noupdate |    ×    |    ×    |    ×    |
+----------+----------+----------+----------+----------+

修正方法

/usr/src/sys を取得
cd /usr/src/sys/boot/i386/boot0

boot0.S ファイルの 376行目

- orb $NOUPDATE,_FLAGS(%bp)       # Disable updates
+ #orb $NOUPDATE,_FLAGS(%bp)      # Disable updates

make install

ブートマネージャのインストール

boot0cfg -B ad4

次回の起動スライスを変更

boot0cfg -s 2 ad4

元のMBRに戻す

sysctl kern.geom.debugflags=0x10
fdisk -B ad4
sysctl kern.geom.debugflags=0

FreeBSD


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-09-10 (金) 16:37:02 (4104d)