ZFS超ミニインストール

  • インストールメディア da0 から起動して <Shell> で ada0 へ FreeBSD 10.1R を ZFS でインストールする
    kbdmap                                                         #キーボード選択 Japanese 106
      
    gpart create -s GPT ada0                                        #GPT作成
    gpart add -t freebsd-boot -s 128 ada0                           #ブートパーティション
    gpart add -t freebsd-zfs ada0                                   #ZFSパーティション
    gpart bootcode -b /boot/pmbr -p /boot/gptzfsboot -i 1 ada0      #ブートコードインストール
    
    zpool create -R /mnt -m none zroot ada0p2                       #ZFSプール作成
    zfs create -o mountpoint=/ zroot/ROOT                           #ルート用データセット作成
    zpool set bootfs=zroot/ROOT zroot                               #ブート可能設定
    
    tar zxvf /usr/freebsd-dist/base.txz -C /mnt                     #ベースファイル展開
    tar zxvf /usr/freebsd-dist/kernel.txz -C /mnt                   #カーネルファイル展開
    
    echo 'zfs_load="YES"' >> /mnt/boot/loader.conf                  #起動時にZFSロード
    echo 'zfs_enable="YES"' >> /mnt/etc/rc.conf                     #ZFS有効
    
    touch /mnt/etc/fstab                                            #一応
    
    
    pwd_mkdb -u root -d /mnt/etc /etc/master.passwd                 #パスワードのまじない
    
     
    # zfs snap zroot/ROOT@00                                        #いつでもここまで戻れる(無くても困らない)
    
    shutdown -r now                                                 #再起動
    
    bsdconfig                                                       #再起動後はrootパス,network,etc

FreeBSD


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-30 (木) 11:07:58 (1857d)